バヌアツでの3週間の滞在から、帰宅しました。
バヌアツでは、ジュゴンの群れと泳いだり、ヤスール火山の噴火を見たりと、盛り沢山。
写真や動画を大量に撮影したので、整理しながらブログにアップしていきます。
まずは、バヌアツへの行き方(飛行機)、両替、交通、インターネット、フリーSIM、ホテルについて紹介します。

ニューギニア航空(成田~ポートモレスビー~ホニアラ~ポートビラ)@ホニアラ国際空港,パプアニューギニア

  1. バヌアツへの飛行機

    大手航空会社を利用する場合には、オーストラリアやニュージーランド、ニューカレドニアなどを経由してバヌアツに行きます。
    しかし、航空券の料金が高いし、時間もかかります。
    ニューギニア航空(Air Niugini)の場合には、往路は水曜日の夜に成田空港を出発、翌日の午後にはバヌアツのポートビラに到着。
    復路は、水曜日の朝にバヌアツのポートビラを出発して、同日の夜には成田空港に帰れます。
    大手航空会社にこだわりが無ければ、ニューギニア航空がお勧めです。

    簡単に、ニューギニア航空の飛行機の乗り換えについて紹介します。
    まず、成田空港を出発すると、パプアニューギニアのポートモレスビーに到着。
    Transferの標識に従って、乗り継ぎの航空券を発券してもらいます。
    荷物はポートビラまでスルーなので、ピックアップする必要はありません。
    発券カウンターでお願いすると、空港内の無料WiFiのユーザーIDとパスワードを無料で発行してくれます。
    途中、ソロモン諸島のホニアラ空港にも着陸しますが、降機する必要はありません。

    ポートビラ・バウアフィールド国際空港(Port Vila Bauerfield International Airport)@エファテ島(Efate island),バヌアツ

  2. 両替

    日本円からバツ(VT)への両替は、空港内およびポートビラ市街であれば可能です。
    当たり前ですが、空港の制限区域内が一番レートが悪く、空港の制限区域外、ポートビラ市街の両替所の順に良くなっていきます。
    ATMは、エファテ島(Efate island)とサント島(Espiritu Santo island)では、空港や市街に沢山あります。
    ATMの利用には、1回に付きVT400~800の手数料を取られるので要注意。
    一方、タンナ島(Tanna island)やマレクラ島(Malekula island)では、ATMは市街に1-2箇所あるだけです。
    マレクラ島のLakatoroには、おそらくATMは1つしかありませんでしたが、その一つが”system is busy”で出金不可でした。大汗
    また、サント島とタンナ島では、クレジットカード支払い可能な宿に泊まりましたが、通信が遅すぎて認証が通りませんでした。
    離島へ渡る場合には、十分な現金を用意することをお勧めします。

    両替店Goodies@エファテ島(Efate island),バヌアツ

  3. 交通

    ポートビラ空港から島内各地へのタクシー料金は、空港内のボードに表示されています。
    同様に、サント島の空港にも、タクシーの料金表が設置されていました。
    ボラれることもないし、交渉して安くも出来ません。
    例えば、ポートビラ空港から市街のOlympic Hotelへは、タクシーだとVT1,500。
    乗合バスを利用した場合には、VT150でした。
    乗合バスは、乗合タクシーに近く、かなり自由度が高かったです。
    他に乗客がいなければ、反対方向でも全く問題ありません。
    その代わりに地元の人でも、どのバスが何処に行くのか分からないので、必ず運転手に行き先を確認していました。
    料金も運転手次第なので、市街からメレカスケード滝へは、往路VT500、復路VT300でした。

    Air Vanuatuの国内線を利用する場合には、必ず登録したメールを毎日確認する必要があります。
    サント島~マレクラ島(Norsup)は2回、マレクラ島(Lamap)~ポートビラは3回、時間変更がありました。

    タクシー料金表@ポートビラ・バウアフィールド国際空港(Port Vila Bauerfield International Airport)

  4. インターネット、フリーSIM

    インターネットは、ホテルやカフェなど、エファテ島とサント島なら問題なくWiFiを利用できます。
    しかし、かなり遅いのでイライラします。汗
    他の離島の場合には、WiFiを提供している宿泊先か、スマートフォンで現地のSIMを利用するしかありません。
    現地の電話会社にはDigicelとTVLがありますが、電話も可能なDigicelを利用している旅行者が多かったです。
    Digicelの場合、エファテ島とサント島はもちろん、マレクラ島近くのウリ島やマスケリン島などでもメールの送受信が可能でした。
    Digicelの一般的なプランは、”Visitor’s SIM”(VT1,000)。
    VT1,000の電話料金・各種プラン購入料金(3か月有効)と、500MBのデータ(1週間有効)が含まれています。
    2週間目からは、余った電話料金でデータプランを購入して、インターネットをしました。
    アプリ(My Digicel)を利用すると、現在の残高やデータ使用量、データプランの購入が可能だったので便利でした。

    Digicel@エファテ島(Efate island),バヌアツ

    MyDigicel

  5. ホテル

    エファテ島のポートビラについてだけ紹介します。
    今回は、中心街にあるOlympic Hotelに、離島に渡るトランジット時に宿泊しました。
    中心街へ行くバスが必ず通る道沿いにあるので、バスを拾うのに苦労しませんでした。
    徒歩5分以内で、レストランや中華定食屋(VT330でチンジャオロース等を食べられる)、両替店(Goodies)、ATM、旅行会社, 観光案内所など全て揃っています。

    Hotel Olympic@エファテ島(Efate island),バヌアツ

    Olymic Hotelに滞在する時には、徒歩6分位のマーケットで、マンダリン(VT50位), バナナ(VT100-150)やココナッツ(VT80-150)等を買っていました。

    マーケット@エファテ島(Efate island),バヌアツ

    マーケット@エファテ島(Efate island),バヌアツ

    また、ベイエリアにあるので、徒歩2分の海沿いの道にあるカフェでマッタリしたり、散歩している人も多かったですね。

    ポートビラ@エファテ島(Efate island),バヌアツ

    ポートビラ@エファテ島(Efate island),バヌアツ

    次回のブログからは、各島での観光について紹介していきます。


バヌアツへの行き方(飛行機)、両替、交通、インターネット、フリーSIM、ホテルの地図
地図をGoogleマップで表示