昨日は旧暦6月26日で、沖縄県内各地でアミシ綱引きが行われました。
アミシは、雨乞いの行事のこと。
どこの地域に行くか迷いましたが、南城市大里大城へ。
大城の綱引きは、4本の旗頭が素晴らしいことで有名です。
旗頭の頭にあるトゥール(東が孔雀と水菖蒲、西が軍配と菊)が巨大で見ごたえがあります。
以前の旗頭の旗の部分は、絵が描かれた2本が山田真山、書の2本が山城正忠によるものでしたが、沖縄県立博物館に寄贈されたそうです。
現在の旗も立派で、絵は與那覇朝大、書は宮城政夫です。

南城市大里大城の綱引き

綱引きは、まず午後7時頃に大城区の東西に、綱と旗頭を準備。
最近は会社勤めの人が増えたので、時間を遅らせているそうです。
午後7時過ぎに東の集合場所に行ってみると、旗頭が行われていました。

南城市大里大城の綱引き

午後7時半頃に、綱引き会場の大城公民館(大城集落センター)へ。
太鼓、銅鑼、鉦を先頭に、旗頭、綱を運びます。

南城市大里大城の綱引き

南城市大里大城の綱引き

大城公民館に到着すると、東西の旗頭のガーエーが開始。


しばらくすると、旗頭のガーエーの周りを、それぞれの綱がグルグル回りだします。

南城市大里大城の綱引き

南城市大里大城の綱引き

南城市大里大城の綱引き


グルグルが終わると、2本の綱を高く掲げながら接近。

南城市大里大城の綱引き

2本の綱を、カヌチ棒で結合。
合図が下りた瞬間に、綱引きを開始。

南城市大里大城の綱引き

大城の綱引きは、綱を上下に大きく揺らしながら引きます。

南城市大里大城の綱引き

南城市大里大城の綱引き

綱引きは、合計2回行われました。
1回目は西、2回目は東の勝ち。
綱引後に勝った方は、綱を掲げて会場を廻ります。
ホント、嬉しそうですね。

南城市大里大城の綱引き

南城市大里大城の綱引き

その後は、再び旗頭のガーエー。

南城市大里大城の綱引き

2日目の綱引き後には、4本の旗頭でガーエーが行われました。
壮観でした!!

南城市大里大城の綱引き

南城市大里大城の綱引き

今後は、旧盆や八月十五夜にも、各地で一斉に綱引きが行われます。
沖縄の各地区(字)で行われる綱引きは、それぞれ特徴的なので楽しめます。
次回は、何処の綱引きに行くか迷いますね。



南城市大里大城の綱引きの地図
地図をGoogleマップで表示