南風原町兼城の綱引きを見た後は、同じ町内の喜屋武にあるナカヌカー公園へ。
喜屋武の綱引きは、別名「喧嘩綱引き」と呼ばれて激しいことで有名です。
東西に分かれて戦いますが、実際に住んでいる家の位置よりも門中(共通の始祖をもつ父兄血縁の集まり)が優先されるのが、激しい理由の1つかも。
特に旧暦6月25日の「カシチーの綱引き」は、「チカラアラガー」と呼ばれる東西の真剣勝負で、昔は、よそ者が綱を引いていると引きずり出されたそうです。
一方、旧暦6月26日の「アミシの綱引き(御願綱)」は、「シュニンズナ(衆人綱)」なので外部の人でも参加できます。
※26日の衆人綱だったので、見学可能でした。

ナカヌカー公園前に到着すると、既に西の綱が用意されていました。
午後10時半頃に公園の照明が落とされると、東側から銅鑼の音が聞こえてきます。
松明を持った人達と共に、東の綱の登場。

南風原町喜屋武の綱引き

ナカヌカー公園の手前で東の綱が一旦下されると、東西の綱の間でヤッチャイと棒術。
ヤッチャイは、体のぶつけ合いです。
喜屋武の棒術は、ぶつかる棒の音が響いて、かなり本気です。

南風原町喜屋武の綱引き

南風原町喜屋武の綱引き

メインの綱引きの為に、東西の綱をカヌチ棒で結合して1本の綱にします。
今年も例年のように、喧嘩がアチコチで勃発して、なかなか繋がらない。
綱と関係ない所でも喧嘩が起こるのが不思議だけど、そういうものなんですよね。汗

南風原町喜屋武の綱引き

南風原町喜屋武の綱引き

お互いに「真っ直ぐに綱を入れろ!」と叫んでいるようです(ウチナー口なので多分)。
しかし、お互いの考えている真っ直ぐが違うのか、2本の綱がくっついたり離れたり。
途中で綱を置いた時には、今年は中止になるのかと心配しました。

南風原町喜屋武の綱引き

南風原町喜屋武の綱引き

南風原町喜屋武の綱引き

30分位揉めながらも、無事にカヌチ棒で東西の綱が結合。
すぐに綱引きが始まります。
綱を引く人が多過ぎて、綱の近くにいっても、人に隠れて綱を写真に入れるのが難しい。

南風原町喜屋武の綱引き

南風原町喜屋武の綱引き

南風原町喜屋武の綱引き

結果は、東の勝利。
東側の人達は、「綱引き歌」を歌いながら勝利の舞いを踊ります。

南風原町喜屋武の綱引き

綱引きが終了したのは午後11時過ぎ。
真夜中の綱引きで、沖縄のディープさを堪能できました。
夕方から南風原町の3つの字(津嘉山、兼城、喜屋武)の綱引きを連続して見学。
しかし、カシチー・アミシの綱引きは、南風原町だけでも10の字で行われます。
日程が重なっているので全部を見られないのが残念です。

南風原町喜屋武の綱曳き 2015の地図
地図をGoogleマップで表示