スマトラ島のブンクル(Bengkulu)で、ショクダイオオコンニャク(学名:Amorphophallus titanum、別名:スマトラオオコンニャク、インドネシア語名:Bunga Bangkai)の開花を待っていましたが、とうとう開花しました!!
ショクダイオオコンニャクは、花序(集合体の花)として世界最大の花です。
※単一の花として世界最大なのは、先週見たラフレシア・アーノルディー(学名:Rafflesia arnoldii
これまで日本でのショクダイオオコンニャクの開花は9例のみなので、実際に花を見れるのは非常に貴重です。
一番最近の開花報告は、2012年5月の国立科学博物館筑波実験植物園。
ウィークリーつくばサイエンスニュース:世界一大きい花「ショクダイオオコンニャク」が開花

ショクダイオオコンニャクが蕾の状態から変化がないので、スマトラ島のブンクルからジャワ島のジャカルタに帰る日を帰国直前に変更して待っていました。
今朝、ガイドから昨晩ショクダイオオコンニャクが開花したらしいと情報を貰い、速攻で見に行ってきました。
現地に到着すると、早速ショクダイオオコンニャクへ。
すると、開花したショクダイオオコンニャクを発見!!
開花が1週間遅れている間に花序付属体(塔のように見える部分)が成長していて、高さが170センチくらいになっていました。
仏炎苞(花びらのように見える部分)が完全に進展 したのは早朝だったみたいですが、かなりデカいです。

ショクダイオオコンニャク(Amorphophallus titanum)の花

ショクダイオオコンニャク(Amorphophallus titanum)の花

比較の為に、身長176センチの人間とツーショット。

ショクダイオオコンニャク(Amorphophallus titanum)の花

ショクダイオオコンニャクは、2009年にイギリス王立園芸協会がインターネット投票で決めた「世界で最も醜い花」に選ばれています。
Telegraph:Ugly Plants: corpse flower voted the world’s ugliest plant
花の匂いは仏炎苞が完全に進展した時が最も強いそうですが、花に接近しただけで不快な匂いが漂ってきます。
表現するのは難しいけど、発酵した堆肥と生ゴミを合わせたような匂い。
ハエやハチの仲間が、花序付属体の周りを飛び回っていました。

ショクダイオオコンニャク(Amorphophallus titanum)の花

花の中を覗くと、花序付属体の根元の手前に、ブツブツとした花の本体(雌花)が在るのが分かるかな?

ショクダイオオコンニャク(Amorphophallus titanum)の花

ショクダイオオコンニャク(Amorphophallus titanum)の花

花序付属体の底には、甲虫が転げ落ちていました。

ショクダイオオコンニャク(Amorphophallus titanum)の花

甲虫を拾い上げて、写真撮影。
昆虫には詳しくないので、名前は分かりません…汗
オサゾウムシの仲間?
他にも何種類か、花序付属体の底にトラップされていました。

昆虫

こちらは、花序付属体の上にいた昆虫。
やっぱり、名前は分かりません。

昆虫

念願のショクダイオオコンニャクの花が見られて大満足の1日でした。
明日は空港に行く前に、もう一度花を見てから、ジャカルタに移動する予定です。

ショクダイオオコンニャク(Amorphophallus titanum)の開花1日目@スマトラ島、インドネシアの地図
地図をGoogleマップで表示