中城城跡で、晴天の下、黄色い花のリュウキュウツワブキが満開。
平日だったためか、殆ど人が居なくて、独り占め状態でした。

「南の郭」から「一の郭」へ@中城城跡

沖縄は、年明けから良い天気。
午前10時頃に中城城跡のチケット売り場に到着。
一番奥にある正門近くまで、カートで送ってもらいました。
後は、城跡を見ながら帰って来るだけなので、便利になりましたね。
正門前までの道は、リュウキュウツワブキで彩られています。
中城城は連郭式の山城で、14世紀後半頃迄に数世代の先中城按司によって築城されました。
1440年に座喜味城から移って来た護佐丸が増築し、現在の6つの郭が完成します。

正門への道@中城城跡

正門@中城城跡

綺麗な布積み(豆腐積み)の正門を通って、まずは「南の郭」へ。

正門@中城城跡

「南の郭」への道@中城城跡

「南の郭」に到着。

南の郭@中城城跡

「南の郭」は、八つの拝所がある霊域。
静かで神聖な雰囲気でした。
黄色いリュウキュウツワブキが咲き乱れていて、別世界ですね。
ちなみに、「南の郭」の城跡は野面積み。

御當蔵火神(首里遥拝所)
御當蔵火神(首里遥拝所)@中城城跡

小城ノ御イベ(久高遥拝所)
小城ノ御イベ(久高遥拝所)@中城城跡

次に、中城城で一番広い「一の郭」へ。
昔、正殿があった場所で、時代と共に間切番所や中城村役場と変遷しましたが、沖縄戦で焼失しました。

一の郭@中城城跡

城壁からの眺めが爽快。
中城城が、海を見下ろす断崖の上の山城なのが、よく分かりますね。

一の郭@中城城跡

正面に沖縄電力「吉の浦火力発電所」。

一の郭@中城城跡

「一の郭」からの「二の郭」の眺め。
城壁の曲線が格好良い。

「一の郭」からの「二の郭」の眺め@中城城跡

「一の郭」から「二の郭」へ。

「一の郭」から「二の郭」へ@中城城跡

「二の郭」の奥にある石碑は、日露戦役戦没者を慰霊する忠魂碑です。

二の郭@中城城跡

二の郭@中城城跡

二の郭@中城城跡

「二の郭」と「三の郭」の城壁。

「二の郭」と「三の郭の城壁@中城城跡

「三の郭」は城壁に登れなくなっていたので、パス。
「北の郭」にあるウフガー(大井戸)へ。

ウフガーへの道@中城城跡

飲み水を確保していたのが、中城城の特徴の一つだそうです。

ウフガー@中城城跡

最後の裏門へ。

裏門への道@中城城跡

外から見た「三の廓」。
「三の郭」は一番新しい城郭で、あいかた積み(亀甲乱れ積み)です。

三の廓@中城城跡

シーズンオフの冬の沖縄ですが、リュウキュウツワブキ、カンヒザクラなど、花の観光がお勧めです。

リュウキュウツワブキが満開@中城城跡の地図
地図をGoogleマップで表示