昨晩は、那覇市首里崎山町の瑞泉通りで、サガリバナの花を見学してきました。

サガリバナ@瑞泉通り

沖縄県環境部環境再生課が、平成23年度から「花と緑の名所100選」事業を始めていて、毎年名所が加えられています。
去年までに84箇所登録されているので、もう少しで完結。
ちなみに、「首里崎山町馬場(瑞泉)通りのサガリバナ並木」は、平成25年度に65番目に登録されました。
サガリバナの花は、日没後に咲き始めて、午後9~10時前後に満開になります。
その時間を狙って行くと、サガリバナ並木に到着する少し前から、サガリバナの香りが漂ってきて、期待感アップ。
予想通り、見頃の木が待っていてくれました!!

サガリバナ@瑞泉通り

まるでシャワーのように、サガリバナの花が垂れ下がっています。

サガリバナ@瑞泉通り

サガリバナの花をアップにすると、こんな感じ。
別名サワフジとも呼ばれますが、確かに花の房の感じが藤に似ていますね。

サガリバナ@瑞泉通り

サガリバナ@瑞泉通り

白だけじゃなくて、ピンク色の花も咲いていました。

サガリバナ@瑞泉通り

まだまだ蕾が沢山あったので、しばらくは見頃が続きそうです。

サガリバナ@瑞泉通り

サガリバナ@瑞泉通り

これまでサガリバナは西表島で鑑賞していましたが、那覇市内で気軽に見るのも良いですね。
でも時間に余裕がある人には、西表島でカヤックしながらサガリバナの森を巡るのもお勧めです。
気になった人は、以下のブログを見てください。
満開のサガリバナの森でカヤック@西表島 2015:南の島旅