実生2年目の野生ランの一種、オキナワチドリ(学名:Amitostigma lepidum)が開花。
実生2年目の去年から咲くようになりましたが、今年は遅れ気味で少し心配していました。
蕾の着いた株が沢山あるので、これから賑やかになりそうです。

<img alt=”オキナワチドリ(Amitostigma lepidum)”” src=”https://images.okinawan-lyrics.com/2017/20170315-amitostigma-lepidum.jpg” width=”400” height=”267” />

<img alt=”オキナワチドリ(Amitostigma lepidum)”” src=”https://images.okinawan-lyrics.com/2017/20170315-amitostigma-lepidum2.jpg” width=”400” height=”267” />

同じように実生から育てているナンゴクネジバナ(学名:Spiranthes sinensis)とニラバラン(学名:Microtis unifolia)も蕾が伸びてきているので楽しみですね。