今日の粟国島も、快晴です。喜
粟国島を、サイクリングで一周。
電動自転車は、粟国村観光協会で借りました(3時間800円)。
集落内の商店のレンタサイクル(1日300円)に比べて割高ですが、粟国島は坂が多いので楽な方を選びました。笑

まずは、「洞寺(テラ)」へ。
昔、流刑された僧が生活していた鍾乳洞です。
外から見ると真っ暗ですが、中に入れば照明が点くと思ったけど、入っても全く点灯しない…汗
目が暗さに慣れるまでは、足元が殆んど見えませんでした。
下の写真は、明るくなるように調節しています。

洞寺

洞寺

洞寺

洞寺

次は、「粟国の塩工場」。
職員の人に案内してもらいました。
早速、塩田タワーへ。

粟国の塩工場

塩田タワーの中には、約15,000本の竹が吊るされています。
海水を竹かけると、水飛沫が飛びます。
塩分が多くて重い水飛沫は下に落ちますが、塩分の少ない軽い水飛沫は風に飛ばされてタワー外へ。
その結果、竹にかけた海水よりも濃い海水が下に溜まります。
これを、繰り返して海水の濃縮を行うそうです。
一見効率が悪そうに見えますが、風のエネルギーだけで行っているので、加熱して濃縮するよりも経済的だそうです。

粟国の塩工場

下の写真は、塩田タワーで濃縮した海水を、さらに煮詰めています。
茶色の液体が、ニゴリ。
他にも、天日干しによる塩の製造所なども見せてもらいました。

粟国の塩工場

粟国島を時計回りに廻って、「長浜ビーチウーグの浜)」。
夏シーズンではないので、ビーチを独り占めです。

長浜ビーチ(ウーグの浜)

映画「ナビィの恋」のロケ地に造られた「西の浜遊歩道」は、立入り禁止になっていました。
遊歩道の木がボロボロに腐食していて、ちょっと無残な姿に…
残念です。

次は、「東ヤマトゥガー」。
集落を越えて、坂を登って行きます。
電動自転車を選んで正解でした。
東ヤマトゥガーは、割岩で、パワースポットにもなっているようです。
急坂の下にあるので、自転車は坂の上に置いて歩くのを薦めます。

東ヤマトガー

同じように急坂の下にある、「西ヤマトゥガーヤヒジャ海岸)」。
昔、粟国島一帯に火山活動があった名残で、黒、灰色、赤、白などの岩石や地層が見られます。
写真の奥にあるのは、「筆ん崎」で、真っ白い火山灰による岩で出来ています。
昔は、この白い石をチョーク替わりに使ったそうです。

西ヤマトゥガー(ヤヒジャ海岸)

最後は、展望台のある「マハナ」。
筆ん崎の上に広がる台地です。
マハナの近くが一番の急坂でした。汗

マハナ

マハナ

粟国島を一周した後、自転車を返却して、粟国港へ。
那覇へは、フェリーで帰りました

粟国島をサイクリングで一周の地図
地図をGoogleマップで表示