スミロン島の日帰りツアーからセブ島Mainit Portに戻ると、バスの通っている道に移動。
セブ島のサウスバスターミナルとBatoの間は、かなりの頻度でバスが走っています。
とりあえず、休憩所でボーっとしてました。笑

セブ島のバス停

すると、10分程度でエアコンでない普通のバスが来ました。
窓が全開で風が入るので、少し寒いエアコンのバスよりも快適。

セブ島のセレスバス

ネグロス島ドゥマゲティ(Dumaguete)に行くにはどこで降りていいのか分からなかったので、車掌の兄ちゃんに尋ねると、リロアン(Liloan)からネグロス島のシブラン(Sibulan)行きのフェリーが出るそうです。
ドゥマゲティとシブランは近いので楽勝みたいです。
ドライバー以外に、車掌がいるセブ島のCeres Busのシステムは素晴らしいですね。
リロアンのフェリーターミナル横に到着すると、車掌の兄ちゃんが肩を叩いて教えてくれました。
シブラン港へのフェリーは午後3時発で、約50分待ち。
料金は、PHP62でした。

セブ島のリロアン港

シブラン港へ到着すると、初めてジプニー(乗合バン)に乗りました。
確かに安いけど、ギュウギュウに人を詰めるまで出発しないので、もう乗りたくないかも。
シブラン港からドゥマゲティの料金は、PHP11で激安!!
写真を撮りたかったけど、撮れる余裕は無かったです。

ドゥマゲティに到着すると、Harolds Mansionに飛び込みで部屋を確保。
シングルが満室だったので、ダブルのエアコン付で1泊PHP800(WiFi可)。
ついでに、明日のアポ島の日帰りシュノーケルツアーの予約もしました(PHP1,000)。

ドゥマゲティのHarolds Mansion

まだ4時過ぎで時間があったので、明後日に移動する予定のシキホール(Siquijor)行きのチケットを入手する為に、歩いてドゥマゲティ港へ。
時間的にはDelta Fast Ferryが良かったんですが、前日でないとチケットを買えないそうです。
カウンターは4時半過ぎまでしか空いていないそうなので、明日アポ島に行った後にチケット買えるかは微妙…涙
少し出発時間を妥協して、Ocean Jetでチケットをゲットしました。

ドゥマゲティフェリーターミナル

他にも両替をしたりと、今日は少し忙しかったですね。

セブ島のMainit Portからネグロス島のドゥマゲティへ@セブ島(Cebu Is.)、ネグロス島(Negros Is.)・フィリピンの地図
地図をGoogleマップで表示