沖縄は、16日に梅雨明けしてから、快晴続きです。
今日は、沖縄県うるま市で行われた屋慶名ハーリー大会を見学して来ました。

屋慶名ハーリー大会

開始は午前11時ですが、10時前に会場の屋慶名港に到着するとハーリー船がない。汗
聞いた所、ハーリー船は屋慶名公民館に展示してあって、港までパレードするらしい。
早速、屋慶名公民館に移動すると、ハーリーの御願が終わって、ちょうどパレードが始まるところでした。
ハーリーの鉦とオバアの舞いと共に、2隻のハーリー船が港を目指します。

屋慶名ハーリー大会

屋慶名ハーリー大会

屋慶名ハーリー大会

会場にハーリー船を設置すると、暫く休憩。

屋慶名ハーリー大会

予定通り11時に、ハーリー大会が開始。
ブラスバンドとフラッグの後に、フライボードのショーが行われました。
最近テレビで見るようになったウォータースポーツですが、実物を見るのは初めて。
見栄えがすることもあって、会場の人達の目は釘づけでした。

フライボード@屋慶名ハーリー大会

フライボード@屋慶名ハーリー大会


まずは、東西の拝んハーリー(御願バーリー)。
東西の半被を着て、350メートルのコースを競漕します。
浮き桟橋がスタートとゴールなので、浮き桟橋付近がベストスポットですね。

東西の拝んハーリー(御願バーリー)@屋慶名ハーリー大会

続いて、職域ハーリー。
会場は港ですが、与勝半島と藪地島の間の屋慶名海峡を進んで行きます。

職域ハーリー@屋慶名ハーリー大会

往路は、どのチームもガンガンに飛ばしてますね。
会場の海には、マーラン船が展示されていました。

職域ハーリー@屋慶名ハーリー大会

職域ハーリー@屋慶名ハーリー大会

復路を終えてゴールする時の笑顔は最高です。
上位3チームは、龍神HENZA(2分4秒)、平敷屋っ子(2分6秒)、美ら漕(2分13秒)。

職域ハーリー@屋慶名ハーリー大会

職域ハーリー@屋慶名ハーリー大会

職域ハーリーの後は、東西チームによる上りハーリー。
その後は、子ども相撲、全島沖縄角力。
全島沖縄角力が終わる頃には、もう夜で暗くなっているそうです。
翌日に仕事があるので、上りハーリーを見た後に、会場を後にしました。

うるま市与那城屋慶名は、人口約5,000人なのに職域ハーリーが17レースもありました。
屋慶名ハーリー大会は、地域密着型ですが非常に熱いです。

屋慶名ハーリー大会 2016の地図
地図をGoogleマップで表示