昨日は旧暦8月15日で、沖縄各地で獅子舞や綱引きが行われました。
獅子舞では、400年以上の歴史のある浦添市勢理客の獅子舞が有名。
勢理客の獅子舞」として国選択無形民俗文化財記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財)で登録されています。
詳しくは、文化庁と国立情報学研究所による「文化遺産オンライン」を見てください。

そんな訳で、勢理客十五夜祭に行ってきました。
余興が始まるのは午後6時からですが、7時過ぎに勢理客公民館前に作られた特別ステージに到着。
午後10時半頃まで、獅子舞や村芝居、各種余興を堪能できました。

まずは、獅子舞の型の1つ『ジャンメー』。
内地の獅子舞では、布で胴体を覆っているのが多いですが、沖縄の獅子舞は毛皮状?です。
文化遺産オンラインによると、棕梠縄に芭蕉や苧麻の繊維で胴体を作っているそうです。
獅子頭の材料は、梯梧。

勢理客の獅子舞(ジャンメー)@勢理客十五夜祭

次に行われた獅子舞の型は、『トーチヌジェー』。
棒と戯れる獅子舞が可愛いです。

勢理客の獅子舞(トーチヌジェー)@勢理客十五夜祭

動きがあまりにも早いので、動画にトライ。


子供による獅子舞『ジャンメー』が披露されましたが、かなり本格的。
こうやって、技が伝承されていくんですね。
とても小学生がやっているようには見えませんでした。

勢理客の子供獅子舞(ジャンメー)@勢理客十五夜祭

続いて獅子舞『バンクグイ』。
獅子が玉にじゃれている感じもいいですね。

勢理客の獅子舞(バンクグイ)@勢理客十五夜祭

獅子舞『二方』にも玉が使われているますが、どうもサルの頭?を模しているようです。
獅子舞の型の意味が分かると、見方が変わってくるのかもしれないですね。
勉強しなければ…汗

勢理客の獅子舞(二方)@勢理客十五夜祭

勢理客の獅子舞(二方)@勢理客十五夜祭


雨が降ってきたためにスケジュールの変更が行われて、獅子舞『タティティヌボー』は上演されませんでした。残念

それでも雨が止んだ後に、獅子舞『ホーイジャンメー』。
十五夜祭は神事なので、雨が降っても、台風が来ても意地でも続けるそうです。笑

勢理客の獅子舞(ホーイジャンメー)@勢理客十五夜祭

勢理客の獅子舞(ホーイジャンメー)@勢理客十五夜祭


獅子舞『タティティヌジェー』でも、棒が使われていました。
『トーチヌジェー』の時には棒が予め床に置かれていましたが、『タティティヌジェー』では棒は立てた状態で演技がスタート。

勢理客の獅子舞(タティティヌジェー)@勢理客十五夜祭

勢理客の獅子舞(タティティヌジェー)@勢理客十五夜祭

最後の獅子舞は、『タチシラングイ』。
一日で、こんなに獅子舞の演舞を堪能できたのは感激でした。
獅子舞保存会に感謝です。

勢理客の獅子舞(タチシラングイ)@勢理客十五夜祭

十五夜祭では、獅子舞の演舞の間に、村芝居や余興などが行われて、あっと言う間に3時間半が過ぎてしまいました。

櫂の鳩間。

琉球舞踊(櫂の鳩間)@勢理客十五夜祭

世界報口説?
スケジュール上では世界報口説ですが、紹介がウチナー口だったので、自信ないです。汗

琉球舞踊(世界報口説)@勢理客十五夜祭

勢理客十五夜祭(勢理客の獅子舞)の地図
地図をGoogleマップで表示