一昨日(7/24)の朝7時発のマルエーフェリーで、那覇から奄美大島の名瀬へ移動。
名瀬には20時半到着の予定が、少し遅れて下船出来たのは20時50分でした…汗
21時までだったら、明日の早朝4時発の「フェリーとしま」に無料で宿泊出来ます。
幸い、マルエーフェリーのすぐ横に「フェリーとしま」が停泊していました。喜
速攻でチケット売り場を探したけど見つからなかったので、とりあえず「フェリーとしま」に乗船。
なんとチケット売り場は、フェリーの中に在りました。

フェリーとしま

料金の支払いだけして、チケットは明日の乗船時に受け取る事に。
乗って来た原付きは、「フェリーとしま」のタラップの横に駐車して、キーを船員さんへ。
船員さんが原付を明日乗船させてくれるので、朝4時に起床しなくてもok。
翌日から初トカラ列島です。

フェリーとしま

「フェリーとしま」に乗って口之島へ行く途中、諏訪之瀬島近くでイルカの群れと遭遇しました。
船内放送で、イルカの群れが戯れていると流れたので、早速外へ。
凄い数のイルカが、アチコチで飛び跳ねてました。喜
ジャンプする瞬間が分からなくて、上手く撮れないなあと思っていると、船員の人がフェリーの舳先まで連れて行ってくれました。
船の先端では、複数のイルカが入れ替わりながらジャンプしていて、超楽しかったですね。
やっぱりジャンプのタイミングが分からなかったので、写真じゃなく動画で撮影。
手前のオレンジ色の物体は、フェリーの舳先です。







やっと、口之島に到着。喜

口之島@トカラ列島

民宿に荷物を置いて、早速バイクで島内観光。
まず、フリイ岳展望台へ。
360度の絶景が楽しめました。
この展望台からは、屋久島、口永良部島、臥蛇島、小臥蛇島、平島、中之島を一望出来ます。
フリイ岳から眺める海も綺麗だったけど、フリイ岳展望台への遊歩道から向岳を望む景色の方が良かったかな。

フリイ岳展望台への遊歩道から向岳を望む@口之島, トカラ列島

フリイ岳展望台への遊歩道から向岳を望む@口之島, トカラ列島

フリイ岳展望台から見た、朝焼けと日の出は凄かったです。

フリイ岳展望台の朝焼け@口之島, トカラ列島

フリイ岳展望台の日の出@口之島, トカラ列島

次に、西の浜漁港の隣にある平瀬海水浴場へ。
干潮時だけ、リーフの中にプールが現れます。

平瀬海水浴場@口之島, トカラ列島

NTTファシリティーズの口之島無線中継所のある横岳。
一周道路から分岐する地点のゲートが閉まっていたので最初は行き過ぎたけど、無事に到着することが出来ました。
無線中継所の手前に展望所というか駐車場があって、爽快な眺めでした。喜
中之島がクッキリ見えました。

横岳@口之島, トカラ列島

横岳@口之島, トカラ列島

口之島の主目的のセランマ温泉は、かなりお勧め!!
内風呂と露天、足湯が在ります。
露天に入ったけど、肌に良いのを実感。
熱い源泉のパイプの蛇口が常に開いているので、最初の湯船は熱湯…大汗
水のパイプの蛇口を全開にして10分待っても、ほんの少ししか温度が下がらない。涙
仕方無いので、洗面器で湯船の熱湯の5分の1ぐらいを横の小川に捨てて、やっと入れる位の温度になりました。
普段が熱湯なだけあって、普通の露天温泉と比べて綺麗で、潔癖症の人でも大丈夫かな。
効き目が凄くて、入浴後20分位、滝のような汗。
2日連続で、入浴に行きました。笑

セランマ温泉@口之島, トカラ列島

セランマ温泉@口之島, トカラ列島

セランマ温泉の近くでは、野生ランで、南方系のエビネ(ツルランの仲間?)が開花中でした。

ツルラン(Calanthe triplicata)@口之島, トカラ列島

口之島を一周する道路の東半分は、ゲートで常時閉められていて、野生牛の生息地域になっています。
*セランマ温泉は、野生牛の生息地の中に在ります。
口之島の野生牛は、和牛原種だそうです。
黒、茶褐色、斑の三種類が生息。
野生だけあって、牛の割に角が大きかったですね。

野生の和牛原種@口之島, トカラ列島

野生の和牛原種@口之島, トカラ列島

もちろん、野生じゃない放牧の牛も居ました。

黒毛和牛@口之島, トカラ列島

明日は、平島に移動です。

口之島(鹿児島県十島村)の地図
地図をGoogleマップで表示