ペリリュー島は平坦な島なので、自転車での観光に最適です。
ただ、標識が全くないので、自分の感覚を信じるのみ。
島の地図だと道は分かりやすそうですが、結構難易度が高いです。
地図上では十字路でも、実際にはT字路が上下にずれていること(クランク状?)が多い。怒
また、見たいスポットが脇道に多くあったので大変でした。

Bloody Nose Ridge Monumentは、見晴らしが非常に良く爽快!

Bloody Nose Ridge Monument@ペリリュー島(Peleliu islnad)

Bloody Nose Ridge Monument@ペリリュー島(Peleliu islnad)

Bloody Nose Ridge Monumentへの階段の傍には、顕彰碑がひっそりと佇んでいました。
ペリリュー島には、思わず手を合わせてしまう事が多いですね。

顕彰碑@ペリリュー島(Peleliu islnad)

顕彰碑のさらに下の方には、ペリリュー神社。

ペリリュー神社@ペリリュー島(Peleliu islnad)

ペリリュー空港周辺には、戦跡が多くあります。
日本軍大砲跡前の戦車

日本軍大砲跡前の戦車@ペリリュー島(Peleliu islnad)

日本軍大砲跡

日本軍大砲跡@ペリリュー島(Peleliu islnad)

日本軍大砲跡@ペリリュー島(Peleliu islnad)

日本軍戦車

日本軍戦車@ペリリュー島(Peleliu islnad)

日本軍司令部跡

日本軍司令部跡@ペリリュー島(Peleliu islnad)

米軍水陸両用戦車

米軍水陸両用戦車@ペリリュー島(Peleliu islnad)

ペリリュー島には、綺麗なビーチも沢山あります。
島の南側にあるオレンジビーチ。

オレンジビーチ(Orange beach)@ペリリュー島(Peleliu islnad)

島の東側まで足を伸ばすと、ハネムーンビーチ。

ハネムーンビーチ(Honeymoon beach)@ペリリュー島(Peleliu islnad)

ハネムーンビーチの道をさらに進むと、スイミングホール。
結構海岸から離れた広場の端っこにありますが、海まで続いているそうです。
あまり綺麗では無いので、泳ぐのには適さないかも。

スイミングホール(Swimming hole)@ペリリュー島(Peleliu islnad)

スイミングホールを超えて行き止まり迄行くと、入り江が綺麗なスポットへ。

ペリリュー島(Peleliu islnad)

一方、島の南端まで行くと、ペリリュー平和記念公園。
西太平洋戦没者の碑からは、アンガウル島を良く見渡せます。

西太平洋戦没者の碑@ペリリュー島(Peleliu islnad)

ペリリュー平和記念公園の近くには、ブラッディビーチ。

ブラッディビーチ(Bloody beach)@ペリリュー島(Peleliu islnad)

最後に、Peleliu World War II Memorial Museumを見学しました。
ここは、内部の写真撮影はもちろん、バッグの持ち込みも不可。
State Officeの人に鍵を開けてもらう必要があります。
本来ペリリュー島の観光にはLand Tour Permitが必要ですが、提示を要求されたのはこの博物館のみでした。

Peleliu World War II Memorial Museum@ペリリュー島(Peleliu islnad)

ペリリュー島に到着した日に営業していたレストランは、Dolphin Bay Resortだけ。汗
他にも、インターネットの出来るレストランもあるはずでしたが、今月は営業停止中…涙
到着2日目にはYellow Wall Restaurantも営業していましたが、夕食は2日ともDolphin Bay Resortでとりました。
高価なので宿泊はしませんでしたが、かなりリゾート感高し。
夕日がホントに最高でした!!

Dolphin Bay Resort@ペリリュー島(Peleliu islnad)

Dolphin Bay Resortには、コロール〜ペリリュー間の定期船のスケジュールを教えてもらったり、ペリリュー島からアンガウル島へのチャーター船を出してもらったりと大変お世話になりました。

ペリリュー島(Peleliu Is.)@パラオの地図
地図をGoogleマップで表示