スラウェシ島のManadoからバリ島のDenpasarまでは、Lion AIrを再び利用。
料金がRp839,900と安いのは良いけど、出発時間が朝6時45分!!
午前5時にはチェックインした方が良いと言われました。汗
タンココ自然保護区の往復送迎でお世話になったタクシーの兄ちゃんに、今回も空港への送迎をお願いしました。
午前4時半に約束したら、10分前にHotel Celebesに来てくれたので、ホント時間を守る良い人でした。
タクシーを待っている間は、ホテルのロビーで、ホテルのスタッフと一緒にワールドカップ観戦。笑
丁度パラグアイvsイタリア戦をやっていて、ドローで終わったのを確認してから、空港へ向かいました。
問題無く、Makassarで一旦降機してからDenpasarへ到着。
すぐに、ロンボク島のMataramへの航空券をMerpatiのカウンターで購入しました。
当日料金、Rp350,000。
待ち時間が3時間以上あったので、Garuda Indonesiaのカウンターで帰りの航空券のリコンファーム。
Garuda Indonesiaは、ネットでは前日にもリコンファームをした方が良いと言われたりするけど、ちゃんとStatus: Reconfirmedと印刷された紙をくれました。
滞在するホテルを聞かれたけど、「ホテルの予約無し」で全く問題無かったです。
空き時間が長かったので、国際線ターミナルのカフェに移動して、ジュース1杯で2時間無料のWiFiを利用。笑
空調も効いているし、快適に過ごせました。
国内線ターミナルにチェックインして荷物を預ける時に、お金とカメラは入れないように念を押されたので、問題になっているのかもしれないですね。
掲示板でゲートの確認をする時には、MataramではなくSelaparangと表示されていたので若干戸惑いました。
ロンボク島のMataramからSenggigiまではタクシーでRp50,000。
4件ホテルを探したけど、若干高めのが多かったですね。
選んだのは、Dharmarieで1泊Rp250,000(朝食付き)。

Dharmarie Beach and Resort

客引きや物売りが、ジャワ島のYogyakartaやバリ島のKutaよりも異様に多いので、第一印象としては、あまり長期滞在はしたくない感じです。

スラウェシ島(Pulau Sulawesi)からロンボク島(Pulau Lombok)へ@インドネシアの地図
地図をGoogleマップで表示