せっかくブンクル(Bengkulu)まで送って貰えたので、ラフレシアとブンガ バンカイの花探しを、旅行会社にお願いしました。
残念ながら、ラフレシア(Rafflesia arnoldii)の花は、6月から8月頃にかけて咲き始めるそうです。
ブンガ バンカイに関しては、最大の花を咲かせるAmorphophallus titanumを栽培しているところがBengkuluから90キロくらい離れたCurupに在るそうです。
また3日前の新聞に、A. titanumでは無いけど、60センチくらいの高さのブンガ バンカイの花が咲いた記事が載ったので、これにも連れて行ってくれることになりました。
どちらも、咲いている保障はしない約束でokを出しました。

まず、A. titanumの栽培所に行ったけど、ハズレ。涙

Amorphophallus titanumの栽培所

新聞に載っていたブンガ バンカイの花は、既に倒れてしまっていて、枯れていました。涙
本来は、花の中心に塔が建っているはず…
ブンガ バンカイの花は、完全に咲いてから3日前後で倒れてしまうそうです。

枯れたブンガ バンカイの花

ブンクルからジャカルタまでのバスのチケットを買うつもりでしたが、急遽ジョグジャカルタ行きの航空券に変更しました。笑
前日のブキティンギからブンクルまで、車で14時間乗った経験から、20時間以上のバス旅行は無理と判断しました。
トイレや食事休憩は自由に取りたいし、荷物の盗難が怖いし、体力的にもキツいです。
ブンクルからジャカルタ経由ジョグジャカルタ行きは、Lion AirでRp668,300。
無理してバスで行く事は無いですね。

追加:
2014年1月、開花したラフレシアを見ることに成功!!

開花したラフレシア@スマトラ島

ラフレシア(Rafflesia arnoldii)、スマトラ島(Pulau Sumatra)、インドネシア:南の島旅

2014年1月、開花したショクダイオオコンニャクを見ることに成功!!

開花したショクダイオオコンニャク@スマトラ島

ショクダイオオコンニャク(Amorphophallus titanum)の開花1日目、スマトラ島(Pulau Sumatra)、インドネシア:南の島旅

Bengkulu@スマトラ島(Pulau Sumatra)、インドネシアの地図
地図をGoogleマップで表示