今日は、スマトラ島のベンクル州(Bengkulu Province)のKepahiang DistrictにあるAmorphopallus Conservation Siteに行ってきました。
ここは、Amorphopallus属植物の保護活動をしているMr. Holidinが管理をしています。

複合体の花として世界最大のショクダイオオコンニャク(学名: Amorphophallus titanum、インドネシア語名:bunga bangkai)が今週の月曜日に咲いたそうで、少し遅くなってしまいましたが、トライして来ました。

ショクダイオオコンニャクの花

少し花序の先が倒れかけてて、仏炎苞も縮み始めてましたが、なんとか見ることに成功!!
高さは、2メートル弱ありました。
向かって左側がMr. Holidinで、右側が運転手。

ショクダイオオコンニャクは、木が倒れると、地中の芋から花芽が伸びて来て花が咲きます。
花が終わると、今度は木になる芽が伸びてくるサイクルを繰り返すそうです。
下の写真は、3年目のショクダイオオコンニャクの木。
かなり大きいので、木が枯れた後に咲く花は、かなり大きくなる可能性大!

ショクダイオオコンニャクの木

いろんな写真を見せて貰ったり、話を訊けて、大満足でした。
Amorphopallus gigasも咲いたことがあるそうで、次はコッチを見たいですね。

追加:
2014年1月、綺麗に開花したショクダイオオコンニャクを見ることに成功!!

開花したショクダイオオコンニャク@スマトラ島

ショクダイオオコンニャク(Amorphophallus titanum)の開花1日目、スマトラ島(Pulau Sumatra)、インドネシア:南の島旅

ショクダイオオコンニャク@スマトラ島(Pulau Sumatra)、インドネシアの地図
地図をGoogleマップで表示