1泊2日で、ブンクル州(Bengkulu Province)の北部山間部にある爆走トロッコ(Molek)に乗って来ました。
Molekは、 Motor Lori Ekspresの略で、丁度インドネシア語の美しい女性という意味だそうです。
Napal Putihと金鉱山の村Lebong Tandaiの間、約30キロを、片道約3時間かけて結んでいます。
軽便鉄道・森林鉄道の一種で、元々は鉱山鉄道として使われていたそうです。

まずは、午前7時にブンクル市街からMolekの出発するNapal Putihへ。
海沿いの道を、ひたすら北上しました。
そして、海沿いの道から標識に従って右折。
Napal Putihへの道は、ひたすら険しかったです。涙
普通のセダンでは不可能としか思えない荒れようで、実際無理でした。
仕方ないので、迂回路を走っている内に迷子になってしまい、1時間半以上迷走…涙
通りかかったバイクの人をガイドに雇って、なんとかNapal Putihに到着したのは正午12時。
距離的には3時間程度で到着するはずだったのに、5時間もかかってしまい、運転手兼ガイドと自分はクタクタでした。
この運転手さんは、最初は運転手だけの予定でしたが、実質ガイドになっています。笑
*翌日Napal Putihからの帰り道について聞き込みをした結果、かなり大回りになりますが、セダンでも普通に走れる道があることが判明しました。
教えてもらった道で帰ったところ、ブンクル市街まで5時間弱かかりましたが、スムーズに走行できました。

Molek乗り場の売店の人に、Lebong Tandai行きの出発の時間を聞くと、次は午後5時。
それに乗らなければ、明日の午前7時。
午後5時に出発した場合、暗くて景色を楽しめない。
明日の午前7時の場合には、スマトラ島は雨期なので雨の可能性が高い。
どっちにしても、良い選択ではない!!
そこで、出した答えはMolekのチャーター。
大人なので、お金で解決できることは、お金で解決します。笑
ダメもとでチャーター交渉を、売店の兄ちゃんとするように運転手兼ガイドにお願いしました。
売店の兄ちゃんがMolekの運転手に連絡をしてくれて、交渉開始。
Lebong Tandaiまで、Rp600,000で行ってくれるそうです。
行けるのは嬉しいけど、ちょっと高いんじゃない?と聞いてみると、現在Molekの線路が1か所崩落してしまい、両方向からピストン運転しているそうです。
つまり、Napal PutihとLebong Tandaiの両方でMolekと運転手を雇う必要があるってことですね。

晴れている時にMolekに乗らないのは勿体ないので、Rp600,000で交渉成立。
*翌日も快晴だったので、結果的にMolekをチャーターする必要はありませんでしたが、それは気にしないことに。笑
帰りは、定期便だったのでRp40,000でした。

以下の写真は、行きと帰りの写真がゴッチャになっていますが、気にしないで下さい。

まずは、Napal PutihのMolek乗り場。

Molek at Bengkulu

Napal Putih付近は、まだ草原やオイルパーム畑で、明るい感じです。

Molek at Bengkulu

Molek at Bengkulu

下の写真でMolekの疾走感が分かるかな?

Molek at Bengkulu

Molek at Bengkulu

走行中は常に、周りの木や草が当たってきます。汗
虫も一緒に飛び込んでくるので、大変でした。
これも、Molekの醍醐味ですね。

Molek at Bengkulu

Lebong Tandaiに近づくにつれて、ジャングルに変わっていきます。

Molek at Bengkulu

Molek at Bengkulu

Molek at Bengkulu

後ろのMolekを見ると、崖に張り付くように走っているのが分かります。

Molek at Bengkulu

Molek at Bengkulu

Molek at Bengkulu

次は、Molekの醍醐味である、橋などの危険な部分。
これを体験するために、ここまでやって来ました。

Molek at Bengkulu

Molek at Bengkulu

Molek at Bengkulu

Molek at Bengkulu

Molek at Bengkulu

Molek at Bengkulu

Molek at Bengkulu

Molek at Bengkulu

Molek at Bengkulu

下の写真は、Molekのチャーター料が倍増した原因の、線路の崩落部分。
崖に沿って下りていき、反対側に渡って、迎えに来ているMolekに乗り込みます。

Molek at Bengkulu

Lebong Tandaiに近づくと、トンネルが増えてきます。

Molek at Bengkulu

Molek at Bengkulu

Molekは安全なのかというと、微妙です。汗
エンジントラブルや脱線、スリップして進まない事は割と頻繁にありました。
でも、地元の乗客は慣れていて、自発的にMolekのレスキューを手伝っていました。
真っ暗のトンネル内で、脱線した時には、少し焦りましたね。汗

Molek at Bengkulu

Molek at Bengkulu

終点のLebong Tandai。
片道3時間は、長いけど、大満足でした。喜

Molek at Bengkulu

スマトラ島


爆走トロッコ(Molek)@スマトラ島(Pulau Sumatra)、インドネシアの地図
地図をGoogleマップで表示