木曜島(Patta Is., Pata Is.)が上陸に最も時間がかかりました。
(木曜島と水曜島が、実際に別の島に分かれているのかは、イマイチ分からないです。汗)
ガイドの人によると、最終的には村のチーフが判断するので、上陸出来るか分からないとそうです。
20分以上、船着き場に横付けしたボートの上で、結果を待ち。
やっと村のチーフが現れて、手を差し出された時に、上陸が許可されたのが分かりました。
一旦許可が下りると、一転して友好的に。汗
チーフの家族だけでなく、人が通りかかる度に、写真を撮れと言われました。
実際、ほとんどの人が笑顔でポーズをとってくれました。
多分、チーフと一緒に歩いていたので、信用されたんでしょうね。
後で写真代を請求されたら困るなあと少しだけ危惧しましたが、チップは全く要求されませんでした。

木曜島

木曜島

木曜島

木曜島

木曜島

続きは、木曜島(Patta Is., Pata Is.)沖でシュノーケル、七曜諸島(Faichuk Islands)、ミクロネシア連邦へ

木曜島(Patta Is., Pata Is.)@七曜諸島(Faichuk Islands)、ミクロネシア連邦の地図
地図をGoogleマップで表示