今日は、糸満漁港で行われたハーレー大会に行って来ました。
那覇等ではハーリーだけど、糸満ではハーレーです。
那覇ハーリーは観光に迎合してGWに行われるけど、糸満ハーレーは今でも旧暦の5月4日に行われています。
なんたって、糸満ハーレーの行事委員長は、糸満漁協の組合長。
さすが海人の町、糸満ですね。

那覇ハーリーと同じように、まず御願バーレー(グルーウグァン)から始まります。
とは言っても、かなり本気で競争していました。
参加するのは、字糸満の3つの村。
西村(現在の西区、上の平)、中村(現在の町端)、新島(現在の新島、新屋敷、新川、前端、南区)。
御願バーレーは、新島チームが一番。
写真は、西村チーム。

御願バーレー@糸満ハーレー

御願バーレー@糸満ハーレー

次に、職域ハーレー。

職域ハーレー@糸満ハーレー

ハーレー乗り場は、降りる人と乗る人で大混雑!

ハーレー乗り場@糸満ハーレー

ハーレー乗り場@糸満ハーレー

地域芸能の船が、大会の開催中ずっと大音量を流しながら移動していて、場を盛り上げます。

芸能船@糸満ハーレー

アヒル取り競争では、アヒルとスイカがバラ撒かれます。
参加した人は、かなりの数になってました!!

アヒル取り競争@糸満ハーレー

アヒルとスイカの両方を捕まえた人。

アヒル取り競争@糸満ハーレー

他にも、アヒル2羽を両手に捕まえた人がいました!!
さすが海人の民。

職域ハーレーの後は、糸満ハーレーの目玉の一つ、クンヌカセー(転覆競漕)。
以前見に行った、石垣島の転覆ハーリーと同じですね。

クンヌカセー@糸満ハーレー

クンヌカセー@糸満ハーレー

クンヌカセー@糸満ハーレー

このクンヌカセーも、新島チームが一番。
ホント凄い。

クンヌカセー@糸満ハーレーー

職域ハーレーの決勝戦後は、皆お疲れみたいです。

職域ハーレー決勝後@糸満ハーレー

門中ハーレーは、前夜祭から選抜された3チームで行われました。

門中ハーレー@糸満ハーレー

門中ハーレー@糸満ハーレー

一番最後は、糸満ハーレー最大の目玉、アガイスーブ(上いバーレー)。
2,185メートルの長丁場!!

アガイスーブ@糸満ハーレー

アガイスーブ@糸満ハーレー

優勝チームは、またもや新島チーム。
新島チームは速さと、ターンが上手かったかな。
アガイスーブの勝利は、糸満ハーレーで最高の栄誉だそうです。

アガイスーブ@糸満ハーレー

見応えのある、ハーリ−大会で大満足!!
でも、かなり日焼けしてしまいました。汗

糸満ハーレーの地図
地図をGoogleマップで表示