ブナケン島(Pulau Bunaken)で3泊した後は、スラウェシ島(Pulau Sulawesi)へ移動。
ここで問題発生!
日曜日なので、パブリックボートが運航していない。汗
Lorenso Cottagesに相談した所、送迎は出来るけどRp250,000。涙
でも、隣にあるLiving Coloursがゲストの送迎でスラウェシ島にいくはずという情報をゲット。
早速、Living Coloursにお願いに行って、便乗出来ることになりました。
料金は、Rp112,000。

public boat from Bunaken island to Sulawesi island

スラウェシ島と言えば、タンココ自然保護区のメガメザルTarsiusが有名です。
Lorenso Cottagesに行き方を相談した所、「バスだと乗り換えが多くて、しかも本数が少ないので絶対にタクシーを使うべし。ManadoからBatuputiへのタクシー代の相場は、Rp250,000程度。」でした。
スラウェシ島に到着後、タクシーを捕まえて交渉開始。
とりあえずRp200,000と言ってみると、すんなりとok。驚
約2時間かかって、Batuputiに到着。
Girianを過ぎてから、いきなり山の中の道になって、どう考えてもバスが頻繁に通る道では無かったです。
地元の人の意見は、的を得ていますね。
週末じゃないのでホテルの満室はないだろうと甘く考えていたら、Batuputiで最初に見つけた2件の宿泊施設は、営業していない…汗
最悪Girianに泊まる事を考えていたら、タンココ自然保護区の入口の目の前でTangkoko Ranger Homestayの看板を発見!!
1泊Rp250,000(3食付き)で即決。
タクシーの兄ちゃんには、明日迎えに来てもらうことにしました。

Tangkoko Ranger Homestay

ブナケン島(Pulau Bunaken)からスラウェシ島(Pulau Sulawesi)のタンココ自然保護区へ@インドネシアの地図
地図をGoogleマップで表示