せっかくペリリュー島に滞在しているのだから、アンガウル島までボートをチャーターしてアンガウル島で1泊、翌日にアンガウル島からコロールまで定期船で帰る事にしました。
これなら、ペリリュー島からコロールに帰る時間と、コロールからアンガウル島に行く時間を節約出来るはず…
でもペリリュー島とアンガウル島は近いんですが、アンガウル島は外洋にあるので、波の関係で行けない事が多いそうです。
何カ所かで船のチャーターの問い合わせをしたんですが、台風22号の影響もあってどこもNG。涙
そんな中、Dolphin Bay Resortだけは、当日の波が低ければという条件付きでアンガウル島に送ってくれることになりました。喜

無事に波が安定して、12月9日(水)の午前中にアンガウル島に到着。
早速自転車を借りて、島内探検へ。
集落内は舗装路ですが、他はかなりのデコボコ道。
マングローブとヤシの森を走っていると、森の中に時々猿を発見。
でも、彼らは止まってくれないので、写真は撮れませんでした。汗
立派なガジュマルの木が多く、アンガウル島の森は独特ですね。

アンガウル島(Angaur island)

島の西側にある集落から出発して反時計回りに廻ったんですが、ブルービーチまでは平和な島という感想でした。

ブルービーチ(Blue beach)@アンガウル島(Angaur island)

しかし、空港跡を通過したあたりから戦跡が至る所に…。
レッドビーチの写真で分かるように、あまり手が付けられていない状態でした。

レッドビーチ(Red beach)@アンガウル島(Angaur island)

サンゴを利用した砦だと思いますが、マングローブに飲み込まれている状態で無数に点在していました。
無意識に手を合わせてしまうことが本当に多かったです。

砦跡@アンガウル島(Angaur island)

潮吹き穴では、勢い良く霧状の波しぶきが噴出。

潮吹き穴@アンガウル島(Angaur island)

アンガウル神社の傍には慰霊碑があって、ここでも手を合わせました。
慰霊碑の写真は撮っていません。

アンガウル神社@アンガウル島(Angaur island)

オレンジビーチは、ホントに綺麗でした。
神妙な気持ちになったり、観光客気分で写真を撮りまくったりと、自分でも良く分からない状態に…汗

オレンジビーチ(Orange beach)@アンガウル島(Angaur island)

島の北側から集落に戻って来る手前で、リン鉱石ベルトコンベアー跡を発見。

リン鉱石ベルトコンベアー跡@アンガウル島(Angaur island)

そのすぐ傍には、リン鉱石集積所跡と貯蔵庫跡が在りました。
人間の作った物が強制的に自然に還らされている感じで、自然の力は圧倒的。

リン鉱石集積所跡@アンガウル島(Angaur island)

貯蔵庫跡@アンガウル島(Angaur island)

次に、北西部の森の中の青池周辺の細い道を走りました。
防空壕跡らしきものを見かけましたが、写真を撮る気は全く起きませんでした。
そっと手を合わせましたが、不思議と怖い感覚は無く、「パラオを楽しんで帰りなさい。」と言われているような気がしました。

港のすぐ傍にあるAngaur State Nature Park Visitor Centerも見学しようと、State Officeの人に鍵を開けてもらいました。
中に入ってビックリ!!
…??
ちゃんと管理をしなきゃダメですね。大汗

チャーター船でペリリュー島(Peleliu Is.)からアンガウル島(Angaur Is.)へ@パラオの地図
地図をGoogleマップで表示